ワクチンに不利な報道がほとんどありません。本当?

寺岡内科医院 寺岡院長202104
緊急事態宣言が解除されました。いつの間にか今回のコロナは2類感染症から外され5類相当とされたようです。これはインフルエンザと同じ扱いとなります。とりあえずホッとしていますが、非常に重要な変更なのに大手メディアはほとんど取り上げません。あれだけあおっておいてという気がします。ところでお宅の医院はいつからコロナワクチン接種を始めるのかという質問をよく頂戴します。私は絶対的な否定論者ではありませんので「周りの様子を見てから。」とお答えするのです。皆様がはやるお気持ちは分るのですが、残念ながら日本には充分量が入っていないようです。重症患者数も減っている今、少し冷静にながめてみましょう。

どなたも今回のファイザーワクチンを信じて止まないご様子ですが、疑問点もあるのです。極めて重要なことですが、今回のようなウィルスのメッセンジャーRNA(mRNA)を生体に注入して、免疫を獲得しようとするワクチンはいまだかつてありませんでした。自分の設計図であるDNAと非常に関係が深いRNA(それもウィルスの)を注入して、DNAが変化しないのだろうかという素朴な疑問があるにも関わらず、無視されているのです。最悪の場合、変化したDNAが原因で不妊症や自己免疫疾患の可能性があることに、世界は耳を貸そうともしません。ワクチン接種圧力が働いているのでしょうか。

ファイザーのいう95%のコロナ発病の抑制効果があるという研究データは、数が少ない上に客観性を欠き、私のような素人から見ても学術的とはいえません。こんなデータを鵜呑みにして、自国での検証もせずmRNA接種が始まろうとしていることに不安が拭えません。なんとファイザー社の研究畑のトップだった元副社長が「このワクチンはデタラメだ。」と内部告発しているのですから驚きです。それを大手メディアは知っていても報道しません。

私の疑問は、仮にワクチン接種をしたとしても、効いたという証明を日本で出来ないのではないかということです。証明のためには実薬グループと偽薬グループでの発病数をどんなに短くても1年間見守る必要があります。日本全国でこの1年間のPCR陽性者は10000人当り35人でした。発病者はさらに1/10ですから、仮に10000人のグループを作った場合、偽薬グループで3.5人の発病者になりそうですが、これでは数が少なすぎて科学的な有効性は証明できないのです。これからはもっと少なくなるでしょう。結局ファイザーの主張を信用し、安心感を買うためだけのワクチン接種になってしまうのではないでしょうか。

変異株の出現も大きな問題です。今後もどんどん出てくるでしょう。それがRNAウィルスの宿命だからです。武漢株をターゲットにして開発されたワクチンですから、どこまで変異株に有効なのか未知数としか言いようがありません。しかも最悪の場合、変異株に対し中途半端に抗体が効いて、ADEという感染重症化をもたらす危険性さえあるのです。現にこれで没になったサーズ・ワクチンというのがありましたの。警戒心を持つなという方が無理です。

若い人たちへのアドバイスです。これまでのTVのあおり報道の裏側が見え隠れして、さすがに若い人たちの無関心が多くなっているように思われます。「コロナは風邪みたいなもので若い人は死なない」というわけです。

連日報道されるPCR陽性者の75%が60歳未満の若人が多いのに、コロナ関連死者の97%は60歳以上の高齢者だからです。そんな安全な若人にアナフィラキシーも報告されているワクチンを強制されても良いのかという話です。加えて精子や卵子にもウィルスmRNAが入る可能性はあるというならば、将来のためにもよほど慎重にご判断頂きたいと思います。

イスラエルでは国民全体にワクチンをする構えで、良い結果が出ているといいますし、日本でも医療者4万人のデータももうすぐ出てくるでしょうから、目を皿のようにして注目したいものです。とにかく60%の人が免疫を獲得したらパンデミックは終息するというのが感染症学者の一致するところですから、ワクチンを受けないで残りの40%に入るという選択もありなのかと思います。それぞれの立場、お考えがあるかと思いますが、ゆっくり待つのも理由があるということです。私自身はワクチンは受けないつもりでおります。